34ftマスト積込風景!!

本日、34ftヨットマストを納品する為、10トンユニック車で積み込んでいる状況を撮影しました。

長尺マストを輸送するのは、とても大変です。
長いし、重いしで、簡単には輸送できないのが現状です。
また、道路交通法も厳しくなって来ているようで、輸送業者さんもコンプライアンス重視で、しっかり許可をとって運んでおります。

8月上旬、天気の良い南風が程よく吹くコンディションの中で、アッパーステーが切れてしまい今回のマストは折れました。
実は、リギンを進水当時から交換をされていなかった!ということでした。
既に25年経過していたのです。

今夏、稼動した時間は多かったと思います。
また、台風も例年以上に上陸し、各ハーバーでは被害も出ています。
可能であれば、マストにのぼり、リギン、ハリヤード、付属品のチェックをおこなってください。

また、2019年からは弊社取扱のOSブランドのリギン関連商品の値上がりするとデンマーク本社から連絡を受けました。
是非、この機会に一度リギンの交換などを検討・実施してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

シーズン突入!!しかし、なんか調子が悪いなあ?必ずそこには原因があります!

皆様。
シーズン突入して、目一杯、セーリング&クルージングを計画していると思います。久しぶりに乗ろうと思ったときに、ステーが切れている!とか、ハリヤードが重たくて、上がらないとかありません?

そんなときは、こんな現象が船には起きています。
即座に交換したほうが、コストも時間も最小限に抑えることが出来ます。
今一度、そんな兆候がすこしでも感じたときは、お近くの業者にご相談ください。

シーブが重たいと感じたときは、
1、シーブ中央の軸部が楕円になっている
2、楕円になって、シーブが回っていないのでえぐれていく

同じシーブですが、傷が付いています。
深くえぐれたシーブ

ワイヤーがターミナルもしくは、スタット部で錆びているもしくは切れていませんか?

ステーが切れている!

1本が切れたら、破断強度は極度に落ちます。そうなると一度の負荷(プレッシャー)で全て切れます。例えば、タックをしたときなど!!!

1本だから大丈夫!は、ありません。すぐに全部切れます。両サイドの交換を推奨します。

続きを読む

ティラーの修理依頼!レースに出る前には必ずチェックしてください!!

関東で恒例の5月後半にある大島レース。
31ftヨットのティラーの具合が悪いと言うことで確認しました。
ラダーヘッドとティラーを固定しているボルトの部分で、ティラーの穴が楕円になっているのを発見!というか、今までそんな状態で使っていただけで、もしかしていろんなところもなっているかも知れません。


レース前に不安があったため修理依頼を受けました。

レース1週間前に預かり、週中には修理して発送しました。
まずは、楕円の穴を修理。それから外側にダブリング。
これで安心してレースに参加できると思います!
まずはご安全に!!


続きを読む

ターニングブロックの修理依頼あり!!

ジェノアのターニングブロックで使っているブロックの修理依頼を受けました。
抑えているピンを内側から削り、ピンをはずしました。

そのあと、シーブ製作です。
SUSのスリーブを流用して、回転がスムーズにしてあります。
75φxt20のシーブを作り、組み立てて完成です!

これでこのあとの修理・メンテナンスも簡単に、気持ちよくセーリングできますね!

続きを読む

ブームバング!復活させました!!

クルーザーで便利なブームバング(スプリング方式)を復活させました!
とてもシンプルで、長く利用できるタイプです!!
クルージングボートの方には最適です。

バング全体図

全長は1300mmから1550mmまで、段階的に調整可能です。
ストロークは180mm、PINサイズは10mmになります。

バングマスト側
バングブーム側

また、バング関連でよくあることは、
ガススプリング方式の場合、ブームとセイルの重量に耐え切れずに下がってきてしまうパターン。もしくは、内部のガススプリングが腐食(中で塩害によって)しており壊れているパターンのどちらかが言えます。

内部で腐食しています
この通り!接続部分もかなりの電蝕です

また、ブームキッカーで支えているのですが、上に押す力が強くてコネクター(グースネックの部分)で、アルミが削れていることも多く見られます。先日も交換されたお客様がおりました。

グースネック上部が押されて削れています!25ftです。

どちらも、弊社にて対応可能です。
スプリングがヘタッてしまっている方、一度相談してみてください。

続きを読む

J/24FORESTAY ターンバックル仕様 大好評!!

J/24フォアステーのターンバックル仕様を作りました。
全日本選手権でも上位のチームには計測前に採用してもらいました。
計測の際に、ワールドでもストレスなく計測を受けることが出来たと評判も良かったです。
これでいつでもFORESTAY MAX8670mmで走ることが出来ます。

トグル正面。
チェーンプレートと微妙な関係なので、12mm(ピンから下)に削って調整しています。
調整幅は、約15mm程度あります。

クラスルール変更に伴い、計測寸法は変わらないのですが
フォアステーを調整できるようにターンバックルをつけてよいと言うことに変更になっています。
下記図面のように製作出来ますので、採用したいチームはご連絡ください。

クラスルールURLも下記に記しますので、あわせて参考にしてください。
https://www.j24class.org/wp-content/uploads/2010/11/Class-Rules-2017.pdf

続きを読む

サイドステーストッパー&セイルストッパーはいかがですか?

先般、470女子トップセイラーから依頼がありました。

メインセイルダウン時にグルーブに入るの防ぎたいので、ストッパーをお願いします!

同じものを数個作りました!!これでストレスなく、メインダウンが出来ますね。

是非、社会人チームなど、使って欲しいですね。
学生さんは必要がない仕様になっています。

また、サイドステーストッパーも製作しました!!


どうですか?
皆さん、スプレッダーは下がっていませんか?

下がっていると思った学生さんは、今からでも遅くありません。
後付できる仕様ですので、六角レンチが一つあればつけることは可能ですので、是非お問合せを!!

続きを読む

ジェノアカーも修理

マスト同様、修理ですが、40ftのジェノアカーで
重くて重くて何とかして欲しいとのことで、外してみました。

細かく見ていくと、なんとボルトは曲がっている。シーブは破損している。取り付け穴は曲がっている。
と、三拍子揃った状況でした。



上記を全て解消しました。
シーブ交換、スリーブ交換、ネジ穴復帰、ボルト新調。

皆さんも、無理やり負荷をかけたままリーダーを動かして、さらに調子が悪くなっていませんか?
もし、なっているようであれば、ご相談ください。

続きを読む

マスト修理

10月に入り、マストの修理依頼がありました。

写真はスピンマストアイが付いていた場所です。上下にあるので2ヶ所です。


外してみないとわからない状況でしたが、このままではいつ折れてもおかしくない状況です。
工場に移動させてもらい、修理しました。

そのあと、マストアイも補強して、マスト全体をカバーするように取り付けしました。
完璧です!!

不安がある方、そのままでは折れる可能性を秘めています。
是非、ご相談ください。

続きを読む

タイマーブラケットをカラーリングしてみました!!

コンパス用タイマーブラケット

コンパス用タイマーブラケットにブルーとレッドを作ってみました。
ディンギーで使っているコンパスブラケットにボルト止めするだけです。

ブルー
レッド

あとは今使っているタイマーを既存の穴を利用して、ベルトで留めるだけ。
もしくはオリジナルで穴を空けても構いません。

ちょっとおしゃれに!!
チームで揃えてみませんか。

定価2,500円(税別)
材質:アルミ
重量:56g

続きを読む